特集 今こそ立てよう病院の資金計画

[コロナ禍でもたらされた「無利子借入金」をどう認識するべきか]

Medical Topics - 2021年 04月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
新型コロナウイルス感染症対策の一環で、福祉医療機構によって用意された緊急融資枠が話題となっている。無利子、返済据え置き期間5年、金額によっては無担保―と、市中銀行ではまねのできない好条件のためだ。しかし、手放しで喜ぶわけにはいかないようだ。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問