【Report】かかりつけ医と連携した老健の減薬を重点評価、ショートも医療利用を促進

[介護報酬改定 地域包括ケアの推進]

Weekly Pick Up - 2021年 04月 01日

» この記事を書いたメディアのページへ
新型コロナウイルス感染症は依然、猛威を振るっているが、4月の介護報酬改定ではそうした新たな課題にも対応しつつ、2025年に向けて引き続き地域包括ケアシステムの推進が主要事項に据えられた。認知症対応力の強化や看取りへの対応の充実、医療と介護の連携の推進などが図られている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問