<提案と結論>承継にはギリギリのタイミング。この機会に、長男と話し合っておきたい

認定医療法人 - 2021年 03月 01日

» この記事を書いたメディアのページへ
医療法人ABC会。理事長75歳(地方)、長男48歳(東京)。出資金を承継すべきか放棄すべきか、ギリギリのタイミングで話し合い。医療法人の出資金の評価額は、15億円。このまま何もしなければ、長男が医療法人を承継すると何億もの相続税を負担しなければなりません。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問