小規模多機能サービス”成功のカギ”とは?

小規模多機能サービス”成功のカギ”とは? - 2007年 07月 03日

» この記事を書いたメディアのページへ
2005年の介護保険制度の改正で、新たなサービスの類型として誕生した「小規模多機能型居宅介護」。「通う」「泊まる」「住む」「訪問する」といった小規模ながら多様なサービスを提供してきた小規模多機能型施設には様々な形態があって、そこに明確な定義は存在しなかった。ここで2つの事例を紹介し解説する。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問