【NEWS】人口100万人以上の構想区域、類似かつ近接の分析は実施せず

[地域医療構想WGが方針決定 医療機関の自主確認促す]

Weekly Pick Up - 2021年 02月 17日

» この記事を書いたメディアのページへ
厚生労働省の地域医療構想に関するワーキンググループ(WG)は2月12日、公立・公的医療機関の具体的対応方針の再検証で、人口100万人以上の構想区域内の対応を議論した。再検証対象の選定基準のうち、診療実績が似通っている医療機関が近くにあるかどうかの分析を、狭い構想区域内に医療機関が林立し、今後も人口の増加が見込まれる人口100万人以上の構想区域で実施するのは困難と判断。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問