【NEWS】[医学研究]コロナ禍の医療現場を支援、AIを共同研究

[東京医科歯科大、富士通]

Weekly Pick Up - 2021年 02月 15日

» この記事を書いたメディアのページへ
東京医科歯科大学と富士通は2月2日、新型コロナウイルス感染症の診療に関わる医療現場の負担を軽減するシステムを開発するため、新型コロナウイルス肺炎患者の診療情報に基づく重症化予測やそれに伴う看護業務量予測などを行うAIの有効性を検証する共同研究を開始することを発表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問