精神科病院の取り組み

[特定医療法人研精会稲城台病院(東京都稲城市)]

病院経営ケーススタディ - 2021年 02月 26日

» この記事を書いたメディアのページへ
2018年に回復期リハビリテーション病棟を開設し、同時に食支援を始めた稲城台病院。精神・内科合併症患者、リハビリテーションが必要な認知症高齢者を積極的に受け入れ、チーム医療により社会復帰を推進している。また、「食支援プロジェクト」および「食支援センター」で食べられない人の食支援入院を実施し、食べることと栄養の観点から地域包括ケアシステムの一端を担っている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問