急性期病院の取り組み

[社会医療法人社団三思会東名厚木病院(神奈川県厚木市)]

病院経営ケーススタディ - 2021年 02月 05日

» この記事を書いたメディアのページへ
東名厚木病院(神奈川県厚木市、山下巌院長)は、急性期病院では後回しにされがちな「口から食べること」を重視し、2006年から摂食嚥下チームを編成、患者支援に取り組んできた。今ではその組織文化は院内に定着。急性期医療のあり方に一石を投じている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問