検査と情報共有のシステム化を図る

[東京さくら病院(東京都江戸川区)]

病院経営ケーススタディ - 2021年 01月 29日

» この記事を書いたメディアのページへ
東京さくら病院は慢性期病院だが、PCR検査を行政検査として実施。職員と患者の感染防止と、患者受け入れの流れをスムーズにすることを考えての対応だった。現在のオンライン診療からさらなるデジタル化を見据えて、情報共有システムを広く展開していく考えだ。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問