【NEWS】[調査・統計]兵庫の1万人、中和抗体の保有0.15%

[神戸大調査]

Weekly Pick Up - 2020年 12月 28日

» この記事を書いたメディアのページへ
神戸大学の研究グループは12月17日、兵庫県内の医療機関から提供を受けた1万377人の血清中における新型コロナウイルスの有無を多角的に解析し、中和抗体の保有率がわずか0.15%であることを明らかにした。調査は今年8月6日から10月1日に行われ、今回の結果は、いわゆる第2波が終息の兆しをみせた10月初め時点においても、兵庫県内における新型コロナウイルスの感染率が極めて低いことを示す結果であると考えられるという。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問