Q.大阪と比較して京都の新型コロナ感染者数はなぜ少ないのか?

病院経営Q&A - 2020年 12月 23日

» この記事を書いたメディアのページへ
連日報道される全都道府県・感染者数の状況を見ても、大阪、東京、札幌、名古屋等が突出して高い一方、福岡のように感染拡大の制御に一定の成果を上げていると思われる自治体も存在し、例えば大阪と隣接する京都は、秋から冬にかけて休日等の旅行者数が極めて多いにもかかわらず、感染者数は連日、20〜30名前後で推移し、感染拡大の制圧に、成果を出していると評価出来ます。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問