PART3:グループ化への挑戦

2006年診療報酬改定の診療所への影響とグループ化の意義 - 2008年 03月 05日

» この記事を書いたメディアのページへ
2006年の診療報酬改定では、診療報酬上において、医師連携・診診連携に対しての評価が、様々な形で織りこまれるようになった。そして、「セカンドオピニオン」や「24時間対応の在宅医療」を実践していくためにも、クリニックモールやグループ診療のような開業形態が改めて注目されることになる。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(8)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(7)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(6)
[介護福祉向けレポート]
医療・介護職のための認知症ケア最前線 第3回
[クリニック経営ケーススタディ]
総人口24万人を抱え多様な機能が凝縮する北海道最大の都心部
[医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー]
特集「オンライン資格確認の現状と今後」(1)
[Medical Topics]
特集 緊急アンケート
[医療と介護のケーススタディ]
回廊をわたる風や風鈴の音に心安らぐ暮らし
[介護福祉経営ケーススタディ]
回廊をわたる風や風鈴の音に心安らぐ暮らし
[実践 介護福祉経営Q&A]
Q.「介護ロボット」導入の介護報酬上の評価について教えてください