PART1:総論・「2006年診療報酬改定」の概要とその意味するもの

[過去最高となる3.16%のマイナス改定がスタート]

2006年診療報酬改定の診療所への影響とグループ化の意義 - 2007年 11月 25日

» この記事を書いたメディアのページへ
中医協が2006年度診療報酬改定を答申したのを受けて、厚生労働省は2006年3月6日、入院基本料等の新点数や施設基準を示し、関連事項を都道府県などに通知した。それを受けて同年4月1日から施行されることになった。

社会保障審議会、医療保険両部会が2005年にまとめた2006年診療報酬改定の基本方針は、……(続く)

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問