【NEWS】特定健診情報、同意があれば薬局も閲覧可能に 厚労省が報告

[関係者の要請を受けて方針を転換]

Weekly Pick Up - 2020年 11月 19日

» この記事を書いたメディアのページへ
厚生労働省は11月12日の社会保障審議会・医療保険部会に、オンラインによる被保険者資格確認システムの進捗状況を報告した。政府はオンライン資格確認システムを基盤に、患者の保健医療情報を医療機関や薬局が閲覧し、診療や調剤に活かす仕組みを構築する考えだが、同省はこのうち薬局について、当初予定していた薬剤情報だけでなく、特定健診(40歳以上を対象にした、いわゆるメタボ健診)の情報も患者の同意があれば閲覧できるようにする方針転換があったことを明らかにした。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問