【NEWS】[調査・統計]亡くなる直前、4割が痛みを感じている

[国立がん研究センター]

Weekly Pick Up - 2020年 11月 17日

» この記事を書いたメディアのページへ
亡くなる1カ月の間に、痛みや気持ちのつらさを感じているがん患者の割合は、約4割程度おり、一定割合の患者の苦痛症状が十分に緩和されていないことが推定されることが、国立研究開発法人国立がん研究センターの調査で明らかになった。10月31日にその結果を公表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問