【NEWS】HALを導入、女性救急隊員の負担軽減を図る

[鎌倉市]

Weekly Pick Up - 2020年 10月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
神奈川県鎌倉市は10月5日、近年の救急需要の高まりにより、出動機会が増加する救急隊員の活動時の負担軽減と、女性消防職員の活躍推進のため、作業支援用ロボットスーツHAL(正式名称「HAL腰タイプ作業支援用」)の運用を開始した。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問