【NEWS】[医学研究]コロナ肺炎をAIで支援、共同研究を開始

[富士通、東京品川病院]

Weekly Pick Up - 2020年 09月 11日

» この記事を書いたメディアのページへ
富士通株式会社と東京品川病院(東京都品川区)は9月2日、新型コロナウイルス肺炎の診断に有効とされる胸部CT検査による画像診断の支援を行うAI技術の共同研究開発を実施すると発表した。
新型コロナウイルス肺炎が疑われる患者の胸部CT画像に対して、AIが肺の陰影の広がりなどを数値化および3次元で可視化し、さらに感染の可能性を提示することで、医師の画像診断を支援する。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問