3密対策とICT化(4)

[補助金の活用]

医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー - 2020年 09月 23日

» この記事を書いたメディアのページへ
コロナ禍で患者が減少している中で、ICTへの投資は難しいと考える診療所も多いと思われます。予約システムやWeb問診、自動精算機・セルフレジなど、3密対策に有効と考えるシステムは、初期投資として数十万円〜数百万円はしますし、ランニングコストも月に数万円はかかります。この経営が厳しい最中に、投資を躊躇するのは当然のことと考えます。そこで、「補助金」を活用してはいかがでしょうか。今すぐ利用できる補助金をご紹介します。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問