【NEWS】[医学研究]兄弟・同世代のドナー、長期治療効果を向上

[順天堂大]

Weekly Pick Up - 2020年 07月 06日

» この記事を書いたメディアのページへ
順天堂大学の研究グループは6月25日、2014年7月から開始した臨床研究「潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法」の長期経過を検証した結果、潰瘍性大腸炎患者と便提供者(ドナー)との関係が治療効果と関連することを発表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問