【Report】[医療提供体制]未実施・小規模では人材確保、実施でも連携体制が課題に

[【糖尿病性腎症重症化予防】 市町村の現状と課題]

Weekly Pick Up - 2020年 06月 25日

» この記事を書いたメディアのページへ
重症化予防に取り組む市町村は増加しているが、なお小規模自治体を中心に都道府県ごとに差がみられることから、引き続き取り組む自治体を増やすとともに、今後は取り組みの充実・底上げを図る−。厚生労働省は、今年に入って開かれた「重症化予防(国保・後期広域)ワーキンググループ」の会合で、糖尿病性腎症重症化予防の最近の動向を踏まえ、さらなる推進の方向性について、このように指摘しています。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問