小児泌尿器科領域におけるファーストペンギンを自院の役割と定める

[医療法人社団佐々木クリニック泌尿器科・小児泌尿器科(東京都小平市)]

医療と介護のケーススタディ - 2020年 06月 05日

» この記事を書いたメディアのページへ
医療法人社団佐々木クリニック泌尿器科・小児泌尿器科は、全国でも稀な小児泌尿器科を標榜する診療所だ。白柳慶之院長は以前、小児泌尿器科の専門医として小児科の専門病院で勤務。その際、小児泌尿器領域の患者で夜尿症や昼間尿失禁で困っている患者が多くいたこと、また、小児泌尿器科疾患を抱えて成人した、いわゆるキャリーオーバーの患者を受け入れられる医療機関が限られていたことなどから、そういった患者の受け皿となる診療所をつくりたいと思い、2014年、小平市に同院を開業した。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(8)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(7)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(6)
[介護福祉向けレポート]
医療・介護職のための認知症ケア最前線 第3回
[クリニック経営ケーススタディ]
総人口24万人を抱え多様な機能が凝縮する北海道最大の都心部
[医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー]
特集「オンライン資格確認の現状と今後」(1)
[Medical Topics]
特集 緊急アンケート
[医療と介護のケーススタディ]
回廊をわたる風や風鈴の音に心安らぐ暮らし
[介護福祉経営ケーススタディ]
回廊をわたる風や風鈴の音に心安らぐ暮らし
[実践 介護福祉経営Q&A]
Q.「介護ロボット」導入の介護報酬上の評価について教えてください