特集 実は2018年度改定以上のインパクト!?

[2020年度診療報酬改定を深堀りする]

Medical Topics - 2020年 06月 02日

» この記事を書いたメディアのページへ
2020年度診療報酬改定は「従来になく、『読み込み』が必要」との評価が聞かれる。医師、看護師の人員配置だけでなく、薬剤師や管理栄養士などの多職種、あるいは非常勤職員の活用について大きく評価するようになっており、点数の変動だけでなく「要件」を読み込む必要があるというのだ。言い換えれば、従来以上に診療報酬の算定にも「人事戦略」が求められるようになったとも言える。そこで今回、特に「人事」の観点から20年度改定の注目ポイントを分析するほか、病院経営において留意すべき点、とるべき施策などを解説していただく。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問