【NEWS】[医学研究]65歳未満の一人暮らし、長期予後不良の要因に

[順天堂大静岡病院]

Weekly Pick Up - 2020年 05月 28日

» この記事を書いたメディアのページへ
順天堂大学医学部附属静岡病院の研究グループは5月15日、独居生活が急性冠症候群(ACS)に対して経皮的冠動脈形成術(カテーテル治療)を行った後の長期予後に与える影響について解析の結果を発表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問