若手医師がショックを受けるという診察

クリニック経営の成功事例 - 2008年 02月 17日

» この記事を書いたメディアのページへ
休診日を作らず、1日2診体制で3クール診察されているクリニックがあります。先生は朝から晩まで、立ちっぱなし。傍らでは、大学関連病院の若手ドクターが交代で診察に当たられています。

先生が若手ドクターに診察の機会を提供するようになったのは、もともとは大学病院との繋がりがきっかけでした。非常勤講師をされたり共同研究をされたりする中で、クリニックで診察してみるか? となったようです。

初めてクリニックに来られた若手の先生は、大きなショックを受けると言います。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問