[改定情報] 再編統合で400床以上の地ケア届出を容認 中医協・総会

[中央社会保険医療協議会 総会(第461回 6/10)《厚生労働省》ほか]

WIC REPORT - 2020年 06月 10日

» この記事を書いたメディアのページへ
●中央社会保険医療協議会・総会は6月10日、病院の再編・統合後の病床数が400床以上となった場合であっても、一定の要件を満たせば「地域包括ケア病棟入院料」の新規届出を認めることを了承。
○対象になるのは、▽複数の病院の再編・統合を伴う医療提供体制の見直しに該当▽再編・統合対象となる病院のいずれかが地域包括ケア病棟を持っている▽地域医療構想調整会議において、再編・統合後の病院が引き続き地域包括ケア病棟を持つ必要があるとの合意が得られているーを全て満たす場合。
○ただし、届出病棟数は1病棟までに制限する。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問