【Report】[歯科]歯周病と糖尿病治療は歯科からの確実な連携で成果も共有

[【歯科医科連携の推進】2020年度診療報酬改定]

Weekly Pick Up - 2020年 05月 14日

» この記事を書いたメディアのページへ
口腔の状態が全身の健康に大きく関与することから、近年は医科歯科連携が重要視されるようになっています。歯周病の治療によって糖尿病の血糖コントロールがしやすくなることや、がん治療前後の口腔ケアによって在院日数を短くできることなど、さまざまなエビデンスが出てきており、診療報酬上の評価も進んでいます。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問