診療圏と機能を拡大した新病院で被災からの「創造的復興」を実現

[医療法人城南ヘルスケアグループくまもと南部広域病院(熊本市南区)]

病院経営ケーススタディ - 2020年 05月 11日

» この記事を書いたメディアのページへ
1969年に発足した医療法人杏和会城南病院は、長い間一般診療科と精神科の両輪で地域医療に貢献してきた。一般診療科では特に、脳卒中をはじめとする疾患別リハビリテーションと、神経難病の治療を得意としている。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問