【NEWS】[診療報酬]かかりつけ医機能は“連携”を強化、入外の情報連携も重視

[〜重症化予防の評価]

Weekly Pick Up - 2020年 04月 02日

» この記事を書いたメディアのページへ
高血圧症や糖尿病などの生活習慣病は、軽症のうちは患者に自覚症状がないため、積極的に治療が行われないと、重症化して合併症(脳血管疾患や腎臓病など)を引き起こすリスクが高くなります。特に糖尿病は重症化して透析に移行してしまうと医療費がかさむため、保険財政上も大きな問題があります。今回は、重症化予防や継続管理の視点から2020年度改定のポイントを見てみます。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問