【NEWS】[外来医療]化学療法など「専門外来」を類型化、地域で協議し集約化へ

[医療計画見直し検討会]

Weekly Pick Up - 2020年 03月 26日

» この記事を書いたメディアのページへ
外来医療の機能分化・連携について4月中旬まで集中的に検討し、中間とりまとめを行う−。2019年12月の全世代型社会保障検討会議の中間報告を受けて、厚生労働省の「医療計画の見直し等に関する検討会」での議論が開始されました。化学療法など医療資源を重点的に活用する外来の機能を明確にして分化を進め、その枠組みをいかに国民に周知するかが主題となります。かかりつけ医機能の強化も含め、社会保障審議会医療部会とも連携し、医療提供体制のあるべき姿について検討が進められます。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問