救急医療の拡充と産科を充実 地域の中核病院をめざす

[社会医療法人かりゆし会ハートライフ病院(沖縄県中城村)]

病院経営ケーススタディ - 2020年 03月 27日

» この記事を書いたメディアのページへ
ハートライフ病院は2017年に地域の人口増加への対応で、産科病室を24床から32床へと増室した。ドクターカーを導入するなど、救急医療にも注力。中部東海岸の中核病院として存在感を増す。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(8)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(7)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(6)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(5)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(4)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(3)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(2)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(1)
[調剤薬局経営Q&A]
Q.コロナ禍における薬局経営の実態は?
[医療経営の要諦シリーズ]
有事の際にこそ求められる「かかりつけ医」の役割