[がん対策] 抗がん剤治療の悪心・嘔吐抑制、新たな療法に有用性 国がん

[抗がん剤治療による悪心・嘔吐の新しい制吐療法(12/12)《国立がん研究センター》]

WIC REPORT - 2019年 12月 12日

» この記事を書いたメディアのページへ
国立がん研究センター(国がん)はこのほど、国がん中央病院と静岡県立静岡がんセンターを中心とした研究グループが、抗がん剤での治療による悪心(吐き気)・嘔吐を抑える新たな制吐療法の有用性を医師・薬剤師主導の第III相ランダム化比較試験で明らかにしたと発表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問