[感染症] 感染性胃腸炎、東京の患者報告数が7週連続で増加

[東京都感染症週報2019年第52週(12月23日−12月29日)《東京都感染症情報センター》]

WIC REPORT - 2020年 01月 09日

» この記事を書いたメディアのページへ
ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う「感染性胃腸炎」の患者報告数が東京都内で増えている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問