なくてはならない存在をめざして「みづほ式KAIGO」を展開

[社会福祉法人慈雲福祉会 特別養護老人ホーム グランアークみづほ(東京都品川区)]

医療と介護のケーススタディ - 2020年 01月 24日

» この記事を書いたメディアのページへ
愛知県一宮市で約70年の歴史をもつ社会福祉法人慈雲福祉会が、2019年4月、特別養護老人ホーム「グランアークみづほ」をオープンした。地元・一宮で成果をあげている同法人が、東京都品川区で90床の大規模な施設を立ち上げた狙いはどこにあるのだろうか。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問