ロボット支援下内視鏡手術をはじめ「低侵襲」を武器に治療環境を整備

[一般財団法人倉敷成人病センター(岡山県倉敷市)]

医療と介護のケーススタディ - 2020年 01月 17日

» この記事を書いたメディアのページへ
内視鏡手術支援ロボットを中四国地方の民間病院で初めて導入した倉敷成人病センター。婦人科領域のロボット手術件数は現在600件を超えており、本邦最多である。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問