不整脈特化型の診療所として治療に最適な環境を整える

[東京ハートリズムクリニック(東京都世田谷区)]

クリニック経営ケーススタディ - 2020年 01月 10日

» この記事を書いたメディアのページへ
320列マルチスライスCT、アンギオグラフィシステム、3次元マッピングシステムなど、大学病院や専門病院と同等以上の最新鋭の高度医療機器、さらにはホテルのようなアメニティーを備え、日本有数の症例数を誇る桑原大志院長が、年間約400件ものカテーテルアブレーション手術をはじめ、高度な不整脈治療を実践する。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問