中医協での議論から予想される2020年度診療報酬改定の行方(1) 急性期一般病棟〜(上)

[着眼点は「重症度、医療・看護必要度」の見直し]

医療経営の要諦シリーズ - 2019年 12月 04日

» この記事を書いたメディアのページへ
中医協での2020年度診療報酬改定に係る第二ラウンドの議論は、2019年9月11日から本格的にスタートしたが、本稿では「令和」初となる同改定に関する議論の内容や提示された資料(データ)等から、類推される改正ポイントについて考えてみたい。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問