特集 ホントに全床「急性期」でいいのか?(後編)

[提言 診療報酬から病棟の実像を読む]

Medical Topics - 2019年 12月 10日

» この記事を書いたメディアのページへ
2018年度診療報酬改定では一般病棟入院基本料を再編し、より「実態に即した」入院料を算定できる体系に改められたが、病院の反応はイマイチだ。患者の実態と報酬のバランスをどうとるか。工藤高・株式会社MMオフィス代表取締役に話を聞いた。


※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問