【NEWS】[医学研究] 黄砂飛来と常位胎盤早期剥離の関係を解明

[東邦大、九州大、国立環境研究所]

Weekly Pick Up - 2019年 11月 21日

» この記事を書いたメディアのページへ
東邦大学、九州大学と国立環境研究所の疫学研究グループは11月8日、東アジア内陸部の砂漠由来の砂塵である黄砂と産科救急疾患である常位胎盤早期剥離(以下、早期剥離)の発生との関連性を報告した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問