医療・福祉における外国人人材の活用と「ダイバーシティ・マネジメント」(下)

[介護人材供給源として機能する「留学」と「技能実習」]

医療経営の要諦シリーズ - 2019年 11月 13日

» この記事を書いたメディアのページへ
わが国の現状における医療・介護領域での「外国人人材」受け入れの方法として、資格を取得した留学生への在留資格付与(在留資格「介護」の創設)と技能実習制度への介護職種の追加の2つについて言及したい。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問