独自のユニットケアとケアプランで“要介護”卒業をめざす

[医療法人昭友会 介護老人保健施設いづみケアセンター(埼玉県比企郡滑川町)]

医療と介護のケーススタディ - 2019年 11月 08日

» この記事を書いたメディアのページへ
ユニットケアを意識した施設の構造がユニークで、独自の「いづみ式ケアプラン」という方式を採用し、手厚いリハビリテーションにより要介護状態からの“卒業”をめざしている。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(8)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(7)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(6)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(5)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(4)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(3)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(2)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(1)
[調剤薬局経営Q&A]
Q.コロナ禍における薬局経営の実態は?
[医療経営の要諦シリーズ]
有事の際にこそ求められる「かかりつけ医」の役割