[改定情報] 急性期一般、該当患者割合の基準値が再び争点に 基本小委

[中央社会保険医療協議会 診療報酬基本問題小委員会(第197 10/18)《厚生労働省》]

WIC REPORT - 2019年 10月 21日

» この記事を書いたメディアのページへ
2020年度診療報酬改定に向けた、急性期入院医療に関する議論では、該当患者の割合基準値見直しと、「急性期一般入院料2、3」でも「重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)I」の届出を認めるかどうかが、争点となりそうだ。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

関連資料

※資料をご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問