【NEWS】[がん対策] 分子標的薬が有効な患者群、遺伝子変異に基づき同定

[愛知県がんセンターなど]

Weekly Pick Up - 2019年 09月 30日

» この記事を書いたメディアのページへ
愛知県がんセンター、国立がん研究センターのグループは9月12日、米国ハーバード大学、メモリアルスローンケタリングがんセンターとの国際共同研究により、BRAF遺伝子変異を有する大腸がんに対する新たな個別化治療を提唱することに成功したと発表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問