“共存共栄”の地域医療システムはもはや崩壊

[構造改革で脆弱化する地方中小病院の経営]

事務長のつぶやき - 2007年 12月 25日

» この記事を書いたメディアのページへ
2010年に平城遷都1300年を迎える奈良は静かな県で、「日本の故郷」とも呼ばれ親しまれてきました。四季折々で全国から訪れる観光客の姿を、街中の至る所で見ることができますが、私たち病院業界で生きる人間は、観光客のように毎日のんびりと過ごせる余裕はなく、厳しい経営環境の下で“危急存亡の瀬戸際”にさらされているというのが実情です。
 と言うのも、国の方針では…………

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問