【NEWS】[医学研究] がんに自律神経が影響することを発見

[研究グループ]

Weekly Pick Up - 2019年 07月 22日

» この記事を書いたメディアのページへ
岡山大学大学院の神谷厚範教授、国立がん研究センター客員研究員で東京医科大学医学総合研究所の落谷孝広教授らの研究グループは、自律神経が乳がん組織内に入り込み、がんの増大や転移に強い影響を及ぼすことを発見し、自律神経を操作してがんを抑制するような新しい治療の可能性を示した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問

新着情報

[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(8)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(7)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(6)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(5)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(4)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(3)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(2)
[介護福祉向けレポート]
はじめての施設長マニュアル(1)
[介護福祉向けレポート]
医療・介護職のための認知症ケア最前線 第1回
[調剤薬局経営Q&A]
Q.コロナ禍における薬局経営の実態は?