【NEWS】[医療機器] HALを新導入、SBMAの歩行機能改善に

[東邦大学医療センター大森病院]

Weekly Pick Up - 2019年 07月 09日

» この記事を書いたメディアのページへ
東邦大学医療センター大森病院リハビリテーション科は6月24日、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)の歩行機能改善を目的とした治療にロボットスーツHAL医療用下肢タイプ(以下HAL)を、7月1日から都内の大学病院では初めて導入することを発表した。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

出典  医療タイムス社
続きは出典元ウェブサイトで
mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問