施設ホスピスから在宅ホスピスの時代に(上)

[まだまだ足りない緩和ケア充実診療所]

医療経営の要諦シリーズ - 2019年 05月 16日

» この記事を書いたメディアのページへ
2012年度診療報酬改定から「緩和ケア病棟入院料」に入院期間に応じた逓減制が導入されるようになり、国は緩和ケア病棟を「緩和ケアの提供と共に、外来や在宅への円滑な移行を支援する」施設として、明確に位置付けるようになった。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問