外国人介護士の導入についてメリット・デメリットを解説

RL_けあコンweekly一覧【確認用】 - 2019年 04月 22日

» この記事を書いたメディアのページへ
少子高齢化が進む日本の社会において、介護業界の人材不足は深刻な問題となっています。介護を受ける側の人数が増加するなか、介護を実施する側の人材は常に不足している状況であり、もはや国内の労働力だけで解決するのは困難だと言えます。そこで期待されているのが、外国人介護士の存在です。日本は政府主導のもと、介護業界に外国からの労働力を受け入れることで、介護現場の人材不足解消を目指しています。ここでは、どういった国の介護士が日本で働いているのか、そして外国人介護士を導入するメリット・デメリットについて解説していきます。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問