医療IT最前線 第66回

[2018年度介護報酬改定におけるICT・ロボットの評価]

医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー - 2019年 04月 23日

» この記事を書いたメディアのページへ
2018年度の介護報酬改定では、「多様な人材の確保と生産性の向上」という項目の中で、人材の有効活用や機能分化とともに、ロボット技術等を用いた介護スタッフの負担軽減、各種基準の緩和等を通じた効率化を推進するとしています。

※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問