特集 ”横浜型”地域包括ケアに向け在宅医療をデザインできる人材を養成

[地域医療の先導者 水野恭一(横浜市医師会会長)]

Medical Topics - 2019年 03月 05日

» この記事を書いたメディアのページへ
神奈川県横浜市は、地域包括ケアシステムの構築と在宅医療の担い手不足が課題となっている。横浜市医師会はこの課題の解消に向けて、横浜市行政と協働で18区すべてに在宅医療連携拠点を設置。相談窓口を設け、医療関係者・ケアマネジャーなどの介護関係者や市民からの相談に応じている。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問