患者一人ひとりの思いを尊重 初診から看取りまでを担う

[富岡地域医療企業団 公立富岡総合病院(群馬県富岡市)]

病院経営ケーススタディ - 2019年 02月 15日

» この記事を書いたメディアのページへ
公立富岡総合病院は二次医療圏で唯一の急性期病院として最新の医療機器を整備し、地域がん診療連携拠点病院としてがん治療を行う。一方で、地域包括ケア病棟や緩和ケア病棟を整備し、緩和ケアから派生した「シルバーケア」という新たな概念を発案。患者の思いを尊重した、患者中心の医療に取り組む。



※続きをご覧いただくためには、ログインが必要です。
mail   pass

※医時通信を利用するにはユーザー登録が必要です

mail
pass

医時通信を利用するには
ユーザー登録が必要です

医時通信について

よくある質問